血液クレンジングによる身体への影響

血液クレンジングによる効果

治療で改善美容皮膚科で治療が可能な血液クレンジングは、老化防止や若返りだけではなく
動脈硬化など様々な効果が期待できます。

様々な効果

血液クレンジングは、50年以上も前にドイツで開発されました。
オゾン療法とも言われる治療法で、オゾンには老化と低下する体の様々な機能を
回復させる効果があり、免疫力の強化や、細胞の活性化、抗酸化力の向上や
抗炎症効果など、多彩な活性化の効果を発揮します。

活性化によって衰えた機能を回復させることができ、数年前の自分を
取り戻すことも期待できます。

血液クレンジングは、血液を採取し、その血液にオゾンガスを混和して
再度体に戻すというシンプルな治療方法で、最も多く行われている治療です。

血液クレンジングは、ドロドロになった血液を体外に取り出して
オゾンで洗浄することで血流が良くなります。美容と健康

オゾンガスは医療用で、これを使って血液に少量の酸化ストレスを与え、
体の本来持っている抗酸化力を高めることができるため、老化防止などの
エイジングケアや健康改善にも良い酸化療法です。

肩こりや冷え性などがある場合や、高血圧や脳梗塞、高脂血症や動脈硬化、
がんや糖尿病、慢性疲労など症状に有効です。

血液クレンジング療法で見込めるのは、体の隅々まで酸素が行きわたるようになったり、
高酸化力や免疫力の向上、細胞が元気になって多くのエネルギーを作ることが出来ます。

血液にオゾンガスを混和すると酸化してしまい、逆に体を錆びつかせるのではと
不安に思うこともありますが、少量のオゾンガスによって血液内の酸化ストレス消去の
機能が刺激されるため、抗酸化力は高まり体内の酸化ストレスは減少します。

血液をクレンジングするというと安全性などが心配ですが、ヨーロッパでは
50年も前から治療に活用されており、安全性は確立されている治療法です。

日本では広く知られているという状況ではないものの、血液をキレイにすることは
全身の細胞に必要な酸素や栄養素を届けることができ、不要な老廃物を
処理することができるため、健康維持には大切なことです。

体を健康や若さを保つためにも血液クレンジングで治療をするのも良い選択です。

老化の原因!酸化ストレスってどんな症状?

大気中の空気の中の酸素を体内に取り入れて生きていますが、酸素原子は様々な刺激を受けて活性酸素に変化します。
活性酸素は免疫機能を高める働きをしますが、一方で過剰に取り入れた活性酸素は細胞を酸化させ生活習慣病やがんなどの病気を引き起こします。

そのため体内では活性酸素から細胞を守る抗酸化物質が存在しますが、それを上回った場合には病気を発症し易い体質になり、これを酸化ストレスと言っています。

酸化ストレスによって病気にならないために、体内では活性酸素の生産を抑えてり、防御をしてダメージの修復をする機能を持っていますが、加齢とともにそれらの機能が弱くなってしまうことも有ります。
それらを補うために食事やサプリメントでビタミンCやE、お茶に含まれるカテキンが抗酸化作用があり、サプリメントなど販売されています。
酸化ストレスは、加齢に伴なって体内に取り入れ過ぎた酸素で細胞が錆びてくることで、体に様々な病気を発症する原因となります。

以前に比べれば、健康関連の本や雑誌、テレビの番組などでも取り上げる機会が多くなり、いるそのためドラッグストアやネットでも抗酸化酵素が入ったサプリメントが販売されていますが、効果が実感できるのは、飲んでいる方で変わります。